取り急ぎQ&A

投稿者: | 2017-07-18

そろそろこのウェブサイトを始動させんと、連絡をくれた方に嫌われてまうと思うところ、なかなか時間ができずにおりますが、今回は今までいただいたメッセージの中であった質問にいくつかお答えしたいと思います。

 

1.橋本さんは何歳ですか

→トラック&工場に関係ないものの中で一番多いご質問でした(笑)
正直申し上げますと、「ほっとけ」です。
昔日本語教師をしていた時、「先生は去年21歳でした」「今年も21歳です」「来年も21歳です」で時制について教えたところ、世界60か国の学生にドン引かれる事態にはなりました。
まあ、言えるところ「40代ではございません」ですかね。

 

2.どうしてニューヨークにいらっしゃるんですか

→んー。これお話しすると長くなります(笑)
簡単に言えば、大学卒業後にニューヨークへ音楽留学する予定だったんですが、記事の通りとなり断念。でも、ニューヨークに来たかった理由には、音楽とは別に、同時多発テロがきっかけってのもあります、実は。
どうしてこの街は狙われたんだろか、的な。大学の専攻がこう見えて(どう見えてw)ジャーナリズムだったゆえ、昔から何でも深く考えてしまうところがあり。今でも詰まったりした時は、グラウンドゼロに行きます。

 

3.お父様は今何をされていらっしゃるんでしょうか

→うちの父親は、金型の研磨が生業だったんですが、現在は庭いじり師、兼「情報ライブミヤネ屋」の宮根さんにライバル心を抱く「茶の間のコメンテーター」です(笑)
おかげさまで、記憶できる時間は少し伸びました。が、映画などは途中で登場人物の説明をしないと忘れちゃいます。

 

4.女性が工場で働くのはやはり大変ですか

→(笑)どんな工場なのかにもよります。
食品加工工場なんかは、女性がたくさん働いてますし、繊細な作業は女性のほうが向いています。が、橋本がいた製造業の中でも金型を扱うようなところでは、力仕事がほとんどす。
そうなると、残念で仕方ないところ、金型製造工場は女性には向いている仕事とは言い難いです。金型って、例えばティッシュボックス1つくらいの大きさでも、大人の男性が顔真っ赤にしながら持ち上げられるかどうかくらい重いんです。しかも機械目が荒く、角がとがってたりするので、力が入らない。さらに、金型を洗う液体「パークロール」などは、有害物質を含んでいるので、将来子どもが欲しいとする女性には、やはりちょっとリスキーではあると思います。

 

5.今まで工場で働いていた中で一番大変だったことはなんですか

→やはり両親と働くことだったんじゃないですかね。
これはまた追記していきます。

 

6.橋本さんはどんな資格をお持ちなんですか

→これだけは、なんや阿呆みたいにあります(笑)
工場系で今のところ言えるのは、
大型一種免許、床上操作式クレーン、玉掛けかな。
事務作業で使えると思って取った秘書検定2級(資格ってか取得)、MOS Master(今や書くほどのモンでもないすが)とか。
あと、日本語教師(やっぱ資格ってか取得)てのもあります。
その他は控えます(笑)

 

 

また時間がある時に追記していきますねー。
※メッセージは順次公開→ご返答していきます。しばらくお時間ください(笑)

取り急ぎQ&A」への4件のフィードバック

  1. subaru

    突然のメール失礼します。橋本さんの記事を拝見してメールしました。自分は関東地方で小さい工場を経営していて橋本さんの記事に感動しました。自分も二代目で親父といつも喧嘩ばかりしていますが、記事を読んで自分だけじゃないと励まされました。これからも期待しています。ありがとうございました。

    1. aiki hashimoto 投稿作成者

      subaru様、

      わざわざメッセージいただきありがとうございます。
      先代との仕事は、物理的にというよりは精神的に辛いことが多いと思います。
      私もあれほど仲の良かった家族と意見がこうも合わないというショックと、24時間同じ空気を吸っていることとがしんどかった。。
      たまには息抜きしてくださいね。
      これからもよろしくお願いいたします。
      橋本愛喜

  2. ごちゃん

    中小企業のIT化に関わるビジネスをやっている側の立場ですが、気になる記事を読んでみると橋本様のものであることが多く、訪問させて頂きました。
    いまはNYにいらっしゃるのですね。
    講演など、直接お話を聞ける機会があればぜひ伺いたいと思います。
    新たな記事も楽しみしております。

    1. aiki hashimoto 投稿作成者

      ごちゃん様、

      お返事が遅くなってしまい申し訳ないです。
      メッセージ、大変励みになりました。
      中小零細企業のIT化には日本独特のしばりのようなものがあり、なかなか普及せず、恐らくこのままいくと、20年後には多くの技術が消失してしまうのではと危惧しているところです。日本を離れ「日本の品質のよさ」を改めて感じるところ、やはり他国に負けない企業づくり=IT化は、今後の日本技術を左右する急務なんだと思います。

      講演など大々的なことは恐れ多く、今のところ未定ですが、どちらかでいつかお目にかかれる日が来ることを楽しみにしております。
      今後ともよろしくお願いいたします。
      橋本愛喜

コメントは停止中です。